R.jpg

●訪問リハビリテーション(以下、訪問リハ)の目的は、利用者の実際の生活の場においして、日常生活の自立と家庭内さらには社会参加の向上を図ることが目的です。

●訪問リハは、利用者本人と自宅環境との適合を調整する役割を持ち、自宅での立支援に効果的なサービスです。

●訪問リハは、ケアマネ等の関連職種と積極的に連携を図りながら、チームの一としてその専門性を発揮することができます。

●実際には、心身障害、生活障害、住環境等を確認して自宅生活の中で利用者自の機能維持・向上を図りつつ、医療機関では行うことができない実際の生活場面に即した能力的な部分へのアプローチを行っていくことができるサービスです。

●訪問リハは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の国家資格を有したリハビリ専門職種が、利用者本人と家族の生活再建、安定、発展を手助けするサービスです。

●訪問リハは、利用者が安心、安全にその人らしい在宅生活が継続できるように支援していきます。

訪問リハビリテーションを利用するには

R1.png

訪問リハビリテーションは、介護保険のほか、医療保険でも利用することができます。原則として要介護認定を受けている方は介護保険が優先です。しかし、65歳未満や65歳以上でまだ要介護認定を受けていない方は医療保険で利用します。

介護保険で訪問リハビリテーションを利用する場合は、主治医に訪問リハビリテーションを利用したい旨を伝え、訪問リハビリテーションの指示書を3ヵ月に1回、主治医より発行してもらいます。ただし、医療保険で利用する場合には、1ヵ月に1回の発行が必要です。その際、ケアマネジャーに相談し、ケアマネジャーから主治医に依頼してもらう方法もあります。

次に、理学療法士等がリハビリテーション実施計画書を作成し、このリハビリテーション実施計画書に基づき理学療法士等からリハビリテーションを受けます。また、このリハビリテーション実施計画書は、実施した訪問リハビリテーションの効果や実施方法等についての評価を踏まえ、医師の医学的判断に基づき、定期的に見直しが行われます。一部の地域では、かかりつけ医から訪問リハビリテーションの事業所へ診療情報書が提出され、事業所のリハビリテーション担当医師が診療し、リハビリテーションの指示・処方するところもあります。

訪問リハビリテーションの具体的介入内容

reha_4_3.jpg

 1.病状の観察

バイタルチェック(体温、脈拍、呼吸、血圧測定等)・病状の観察や助言・精神面の健康状態の確認と助言・介助者の健康状態の確認と助言、再発予防と予後予測

2.日常生活への指導・助言

ADL指導・身体機能(筋力、柔軟性、バランス等)の維持、改善・痛みの評価と物理療法等の疼痛緩和・福祉用具または補装具、住宅改修の評価と相談・摂食嚥下機能やコミュニケーション機能の改善・QOLの向上や趣味、社会参加促進のための助言

3.介護相談

療養生活、家族への介護指導、精神的な支援・福祉制度利用の助言、相談

訪問リハとは?

●まずはお気軽にご相談下さい

■訪問看護リハビリステーション ホームケア本八幡

所在地:千葉県市川市南八幡3-5-15  4F TEL:047-320-3710

●サテライト市川大野

所在地:千葉県市川市大野町3-1688-3 YASUIビル第7 1階 TEL:047-339-3689

●サテライト八幡

所在地:千葉県市川市八幡2-2-4-101   TEL:047-336-3666